031229 on 15:01

■初接触

 クルマの免許を取得して、約ひと月が経とうとしている。
 やれ「ブレーキが遅い」だの「加速が弱い」だのブツブツ言うダーリンはさておき、
 ようやく世間の交通状況に慣れてきた(かもしれない)今日この頃。

 あぁ、そうさ。
 教習所の先生の言うことは間違ってないさ。
 ちょっと油断した頃に、こういうことは起こるのさ。

 擦りました。
 助手席側のミラー。
 ガコンっていって、こっち向いた。

 あ〜も〜ショックだよ〜。

 そんなこともあろうかと中古車を購入したのだが、
 それにしてもショックはショックだ。

 くそぅ。
written by march | Comment(0) | TrackBack(0) | ■Car Life

031225 on 12:31

■初診特定療養費

 初診特定療養費制度、という制度がいつの間にかできていた。
 先日K総合病院へかかった時に、診察料や初診料とは別にそんなものを請求された。

 それに対する説明書きの紙には、要約すると以下のようなことが記されていた。
初診特定療養費制度とは、病院と診療所の機能分担の推進を図るために
厚生労働省が定めている制度で、他の保険医療機関からの紹介無しに
病床数200床以上の病院を受診した場合に、
通常の保険負担とは別に徴収される医療費のこと。
 要するに、

 “風邪ひいたぐらいで総合病院なんか来てんじゃないわよアンタ達、
  ウチに来たかったら紹介状持ってきなさいよ、じゃないとゼニ取るで〜!”

 と。ワタクシはそう解釈してしまったのだが。

 いや、だってね、3,150円なんですよ。それ。
 具合悪くてヒィヒィ言いながら、やっと病院に着いて
「そんな余分な費用がかかるなら別の病院に行きます」って言う?
 仕方ないから払うでしょ。早く楽になりたいし。
 病院によって金額に差があるらしいのですが。基準が不明。
 ぼったくりですか。その金はどこでどうやって使われるんだ。

 なんだか、病人も町の診療所も小馬鹿にしたような制度だな、
 と思ってしまったのである。

 でも一番近い病院が総合病院だったりする場合、普通そこに行くでしょ。
 具合悪いのに、わざわざ遠くの病院に行くってのもあまりないと思うのだ。
 お年寄りや、ちびっこを連れていくなら尚更のこと。
 それでも初診特定療養費は取るんだろうな。鬼。
 かかりたい病院にも、かかれないって訳よ。選択の自由が少〜し狭くなったのね。

 ちなみに、診察は2時間待って1分程。
 やっつけだ。
 それが嫌ならもう来んなよ、という意味もあって
 特定療養費制度というのがあるんだろうな。

 ものすご〜く、感じ悪い。
 搾りとれるところから取ってやろう、っていう根性みえみえ。
 大切な制度なら、もっと大々的にニュースで流すとかしたらいいのに。
 禁止区域だと知らずに路上でタバコ吸って罰金取られてムカ、ってのにも
 似てるような似てないような。
 ちゃんとしたアピールをしてから金を取れよな。
 これをちゃんと理解している医療関係者以外の人はどのくらいいるのだろう。

 お望み通り、もう行きません。
 おデコに冷えピタ貼ってドテラに包まってガタガタ震えてるお兄さんを、
 緊急外来口で冷たい床に座らせたままずーっと待たせるような
 危険な病院だとは知らなかったので。
written by march | Comment(0) | TrackBack(0) | ■Notes

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。